岩盤浴とは

岩盤浴(がんばんよく)とは、温めた天然石や岩石を加工したベッドの上で横になって汗をかくサウナ形式の風呂の一種で、 「お湯の要らないお風呂」などとも呼ばれている。 人工的な岩盤浴では、遠赤外線に関連する特殊な岩石の使用を謳う施設も多いが、 遠赤外線はどのような岩石であれ熱すれば必ず放射するものであり、イメージに惑わされてはならない (放射線を発する特殊な岩石については、北投石を参照のこと)。 大量の汗を掻くので、事前に水分補給をしっかり行う。 40度程度に熱せられた岩盤の上にシーツやタオル、ゴザなどを敷いて20?30分寝ころぶ。 入浴後は、水分補給をしっかり行い、ショックを避けるために体温の急激な変化を避ける (水風呂などに入らないようにするため、そのままの帰宅を勧める施設もある)。

いざ岩盤浴へ

しかも体重は緩やかに1kgくらい落ちました。 今日は夜外食予定だから、あんまり実践できないんだけど、岩盤浴が終わってからリンゴを食べよう・・・。 やですね。リバウンド王。知識と経験ばっかりで体重が伴いません・・・。 浴槽で邪魔になりにくくゆったりいつものスタイルのままリフレッシュ家庭で手軽にホッと本格岩盤浴気分温かい石の上に 横になり、しばらくすると身体が芯まで温まり鉱石の効果が徐々に浸透していく岩盤浴。

いざ、岩盤浴へ(2)

岩盤浴に行きました。たくさん汗かきました。 彼に肉をつままれヤバッ!と言われるのゎ悲しすぎるので痩せようと思います。 いつか痩せて、ご飯のときもっと食べなッて言われるょぅになりたいです。話が脱線しました。 2月15日(木)より、毎週木曜日は 「 ハーブ岩盤浴 」を お楽しみいただけます。 ハーブ岩盤浴とは、美容や健康に良いとされる 蒸した十数種類のハーブを 岩盤浴と、ご一緒にお楽しみいただけるものです。

いざ、岩盤浴へ(3)

さびれてない温泉というかんじ。大きなサウナとか岩盤浴とか露天風呂もあり、建物も更衣室もきれい。 夜8時ぐらいになると、大きな温泉をほぼすべて独占できるほど人が減ります。 また大阪市内から1時間ほどでいけるし、ええ感じでした。私には一番合ってます。 しかも、場所が大阪市内という。。。定期で行けるので、通いそうです。「熊野の郷」 ここの岩盤浴はおすすめです。